トップページへトップページへ
トップページイベントもうしこみEnglsh
 

利用案内アクセス展示案内イベント年間行事案内学校・団体利用
 
利用案内展示天然記念物「古秩父湾」縄文有用植物展イベント学校・団体の方博物館についてお問合わせ・よくある質問プライバシーポリシーリンクウェブアクセシビリティEnglish中文(繁体)中文(簡体語)한국어検索サイトマップ旧こちちぶわんスタンプラリー自然の博物館について利用案内アクセス展示案内企画展示博物館日誌学校・団体利用刊行物資料収集・調査研究その他の情報広報用写真友の会ENGLISH旧イベント201803


 

博物館実習生の受入について

 
 当館における博物館実習の受入れは、下記の「埼玉県博物館等の博物館実習生受入要領」に基づいて行っております。受入は原則として動物、植物、地質、環境に関する分野を専攻する方が対象となります。実習を希望される方は、この要領をご覧の上、4月1日から4月末日までの期間内に大学を通じてお申し込みください。
平成30年度の実習は8月1日(水)~8月4日(土)、7日(火)〜9日(木)です(7日間)。

◆必要書類
・博物館実習推薦申込書 1通(様式あり)
  
博物館実習推薦申込書.doc
必要書類−身上書(顔写真貼付) 1通
・返信用封筒 1枚(長形3号封筒に82円切手を貼付)

◆申し込み期限
 4月30日(必着)

◆受入の可否
 5月中旬頃(予定)に文書を送付します。

◆博物館実習材料費
 1人 2,000円(受け入れ決定後に当館から送付する「納入通知書」により納入)


下記の受入要領をお読みいただいた上で、不明の点は自然担当にお尋ね下さい。

◎問い合わせ・申し込み先
 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
 TEL: 0494-66-0407 FAX: 0494-69-1002
 e-mail: t6604044@pref.saitama.lg.jp(1バイト文字に変更してご使用ください)



埼玉県博物館等の博物館実習生受入要領

 1 趣旨
    この要領は、埼玉県立の歴史と民俗の博物館、史跡の博物館、自然と川の博物館、近代美術館及び文書館(以下「博物館等」という)において行う
   博物館実習について、必要な事項を定めるものとする。
  
 2 実習申し込みの受付
    (1)実習申し込みは、次の区分に従いそれぞれの博物館等で受け付ける。
      歴史と民俗の博物館    考古、日本史、民俗、古美術、保存科学
      史跡の博物館        考古、日本史、保存科学
      自然と川の博物館※    動物、植物、地質、環境
      近代美術館          近現代美術
      文書館            日本史、歴史地理、文書管理
    (2)受付期間は、毎年4月1日から4月末日までとする。
   
 3 実習生の選考
    実習生は、実習申し込みを受け付けた者の中から博物館等で選考する。
     
 4 実習選考基準
    次の各号のすべてに該当する者とする。
    (1)大学が適当と認めた者
    (2)埼玉県に本籍若しくは住所を有する者、又は埼玉県に所在する大学に在学する者
    (3)大学において博物館概論の単位を修得した者
   
 5 受入人員
    年次受入人員は、次のとおりとする。
      歴史と民俗の博物館   45人以内
      史跡の博物館      15人以内
      自然と川の博物館※   30人以内
      近代美術館       20人以内
      文書館         10人以内
   
 6 実習の期間及び日数
    実習は、原則として毎年7月中に実施するものとし、その期日は博物館等の長がそれぞれ定めるものとする。実習の日数は原則として7日とする。
   
 7 実習課程
    実習課程は、博物館等の長がそれぞれ定めるものとする。この場合、学芸員の職務のすべての分野を実習体験できるように配慮する。
    
 8 その他
    (1)実習生受入に関する書類の様式は、各博物館等とも同一のものとし、別に定める。
    (2)実習に要する資材は、実習生の負担とする。
    (3)この要領に定めるもののほか、実習の受入に必要な事項は博物館等の長が定める。
     ※「自然と川の博物館」は「埼玉県立自然の博物館」と「埼玉県立川の博物館」を再編した組織上の名称です。
     ※区分の「環境」には自然分野と人文分野が含まれますので、自然分野を専攻する学生は自然の博物館、人文分野を専攻する学生は、
      川の博物館へ申し込まれることを希望します。
     ※自然と川の博物館の受入人員は30人となっていますが、自然の博物館・川の博物館それぞれ15人以内とします。  
  



 

H22年度 博物館実習(2010.8.3.~13)感想など

  平成22年度に博物館実習を行った学生の方から、感想をいただきました。 ありがとうございました。
 
 ● 7日間という短い間でしたが、多くの事を学ぶことができました。
   来館者の皆さまの笑顔の後ろには学芸員の大きな努力があることを間近で感じる実習でした。実習で得た事を、今後に生かせるように私自身も
  頑張りたいと思います。                                                                 【 A さん 】
 
 ● 実習で一番難しかったのは展示解説です。お客さんの反応を見ながらできたらよかったと思いました。
  自然史講座では担当のグループの少年がとても楽しそうにしていたので嬉しかったです。この実習での経験を自分の専門分野やこれからの
  人生に活かしたいと思います。 本当にありがとうございました。                                         【 I さん 】
 
 ● 博物館実習を行って、10日間という長いようで短い期間でしたが、知識では知っていたクマムシを実際に見ることができたり、博物館の裏側を
  見学できたりと、とても楽しみながら多くのことを学ばせていただきました。
   教育普及活動にサポートする側として参加したり、展示の解説を行ったりし、博物館を今までとは違う視点で見ることができました。また、
  多岐に渡る学芸員の仕事を体験し、博物館の役割や学芸員の仕事を実践的に学び、本当に勉強になりました。
   今回、座学だけでは知ることのできない事をたくさん学ぶことができました。この体験を、今後の勉学にも活かしていければ、と思います。
                                                                                 【 N さん 】
 
 ● 学芸員の幅広い業務を体験させていただきました。最も印象に残っているのは展示の解説を行う実習です。お客さんの表情を見ながら説明するのは
  とても難しかったです。分かりやすく説明するための多くの課題が見えたと同時に、親しみを持ってもらえるような話しを盛り込むことも大切である事を
  学びました。
   貴重な体験をたくさん経験させていただきました。博物館の職員の皆様、大変お世話になりました!                  【 K さん 】
 
 ● 今回の学芸員実習で博物館の様々な業務を体験し、学芸員の仕事の一端とその大変さを学ぶことができました。
  短い間でしたが貴重な経験をすることができました。この経験を今後に生かし、更に精進をしたいと思います。              【 K さん 】
 
 ● 短期間の博物館実習でしたが、貴重な体験が出来ました。博物館は、多くの職員の方の努力と苦労によって博物館が成り立っていることが
  改めて実感することができました。また来館者の方々の声に対応できるように、毎日の研究に対する姿勢も知ることができ、博物館としての
  魅力も知ることが出来ました。実習の経験を活かしながら、職員の皆様を目標としていきたいと思います。お忙しい中、ご指導いただき、誠に
  ありがとうございました。                                                                【 M さん 】