360679
トップページへトップページへ
トップページイベントもうしこみEnglsh
 

利用案内アクセス展示案内イベント年間行事案内学校・団体利用
 
トップページ > 展示案内> 過去の企画展示> カラフル昆虫記 
カラフル昆虫記
企画展
平成26年11月8日(土)~平成27年2月22日(日)
カラフル昆虫記
虫たちの多様な色と模様のヒミツに迫る!
金属光沢を持つヤマトタマムシや背景に溶け込む模様のヒシバッタ、季節によって色が変わるアカボシゴマダラなど
ちょっと変わった色や模様を持つ虫を特集します。そして、それらの虫を色や模様がどのように作られているのか、
どのような意味を持っているのか、その秘密を紹介します。

ジミ?ハデ?デザインからみる多様な昆虫
昆虫は地球で最も繁栄したグループで、今までに100万種以上が知られています。新種の発見は現在も続いていて、
いったいどのくらいの種類がいるのかさえ明らかになっていません。昆虫はほぼ地球全域に分布していますが、
それぞれの環境に適応した種に分かれるため、多様なデザインが生み出されます。

こんな色あり?多様性が一目瞭然
多様性を絵に描いたような昆虫のデザインを特集します。
・タマムシの妖しい金属光沢
・背景に溶け込むヒシバッタ
・イラガの毒々しい警告色
・ハチを真似るトラカミキリやハナアブ
・フラッシュのようにキラキラと羽ばたくミドリシジミ などなど
当館が所蔵する多数の標本の展示に加えて、背景との関係が見える生態写真、昆虫の色がわかりやすい白バックなどを使って
カラフルな昆虫の魅力を紹介します。ほかにも、昆虫の見ている世界を体験できるコーナーもあります。

 タマムシ ヒシバッタ
 金属光沢を持つタマムシ 周囲に溶け込む模様のヒシバッタ
 オオセンチコガネ ショウジョウトンボ
 多様な色のオオセンチコガネ トンボの色変わりのメカニズムを紹介

展示内容
1 ヒトも利用するカラフルな昆虫
2 昆虫の眼と視覚の世界
3 妖しい輝きの昆虫
4 昆虫の衣替え
5 個性と地域性
6 蛹だっていろいろ
7 宣伝と真似
8 アカトンボの色変わり
9 コムラサキの翅の色変わり
10 覗いてみよう昆虫が見ている世界
 ヒトも利用するカラフルな昆虫 妖しい輝きの昆虫 
  
 世界のカブト 覗いてみよう昆虫が見ている世界
 

 
             
自然の博物館について展示案内イベント学校団体利用  刊行物 資料収集調査研究
  組織と職員 常設展示 イベント申し込み 学校関係の方 展示図録解説書その他の情報
 利用案内 企画展示博物館日誌 一般の団体の方 研究報告広報用写真
  団体利用と手続 過去の企画展示   講師派遣物品貸出 資料目録友の会
 アクセス 天然記念物   モデルコース ニュースレター  
    展示改修情報   ご利用者の声 年間行事案内  
          館報  
             
埼玉県立自然の博物館  〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
[ 電話 ]
電話 ]
[ FAX ]

0494-66-0404_(代表)
0494-66-0407
_(学芸)
0494-69-1002
 

  [ 開館時間 ]

  [ 休館日 ]

9:00~16:30 (入館は16:00まで) 
※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)
月曜日 (祝日・7、8月は開館)
9/5~9/12、12/29~1/3
   観覧料 ]



 一般:200円、大学生・高校生:100円
中学生以下:無料
障害者手帳お持ちの方及び介助者1名:無料