76483
> 展示案内> 過去の企画展示> どうなっているの?埼玉県の動植物 

企画展「どうなっているの?埼玉県の動植物」
平成26年2月8日(土)~5月25日(日)
どうなっているの?埼玉県の動植物」
埼玉県の動植物の今がわかる!
埼玉県内で絶滅の危機にある動植物を特集した企画展です。
天然記念物の「シラコバト」や「ヤマネ」、県内で採集された唯一の標本である「オオイチモンジ」など貴重な標本を多数展示します。
また、新たに侵入してきた動物や、高温・乾燥など過酷な環境で生きる植物も併せて紹介します。
【展示内容】
1 環境と生物
2 埼玉県の環境
3 特殊環境で暮らす植物
4 埼玉の希少なラン
5 標本が語るもの
6 希少種保護の取組み
7 希少な動物 
8 移入種・外来種
9 読んでみようレッドデータブック
 
特別コーナー  だれのしっぽかな? 動物のしっぽあてクイズ
【見どころ】
その1 埼玉県で絶滅した標本を展示
「オオイチモンジ」や「ハッチョウトンボ」「オオウラギンヒョウモン」などの埼玉県では絶滅し、全国でも希少な標本を展示します。
その2 剥製(はくせい)がいっぱい
コウモリやヤマネなどの小型なものから、ニホンカモシカやツキノワグマなど大型のものまで多くの剥製を展示します。
その3 埼玉県の鳥「シラコバト」も
埼玉県のマスコットキャラクター「コバトン」のモチーフとなった県の鳥「シラコバト」のはく製を展示します。コバトンと比べてみよう。
その4 発見されたばかりの外来種を展示
昨夏、埼玉県で初めて報告されたサクラを加害する外来カミキリ「アロミアブンギ」を展示します。
 
オオイチモンジヤマネ

オオイチモンジ

ヤマネ

ウバタマムシコケリンドウ

ウバタマムシ

コケリンドウ

 

◯展示解説リーフレットの訂正について
展示解説リーフレット中にある「コケリンドウ」の写真は、「フデリンドウ」の誤りでした。
訂正してお詫び申し上げます。
 
             
自然の博物館について展示案内イベント学校団体利用  刊行物 資料収集調査研究
  組織と職員 常設展示 イベント申し込み 学校関係の方 展示図録解説書その他の情報
 利用案内 企画展示博物館日誌 一般の団体の方 研究報告広報用写真
  団体利用と手続 過去の企画展示   講師派遣物品貸出 資料目録友の会
 アクセス 天然記念物   モデルコース ニュースレター  
    展示改修情報   ご利用者の声 年間行事案内  
          館報  
             
埼玉県立自然の博物館  〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
[ 電話 ]
電話 ]
[ FAX ]

0494-66-0404_(代表)
0494-66-0407
_(学芸)
0494-69-1002
 

  [ 開館時間 ]

  [ 休館日 ]

9:00~16:30 (入館は16:00まで) 
※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)
月曜日 (祝日・7、8月は開館)
9/5~9/12、12/29~1/3
   観覧料 ]



 一般:200円、大学生・高校生:100円
中学生以下:無料
障害者手帳お持ちの方及び介助者1名:無料