360672
トップページへトップページへ
トップページイベントもうしこみEnglsh
 

利用案内アクセス展示案内イベント年間行事案内学校・団体利用
 
平成29年度特別展 秩父鉱山 140種の鉱物のきらめき 平成29年9月23日から平成30年1月14日まで
 










自然金写真

 自然金(糸金):純度の高い糸状の結晶として金が産出するのは、世界でも秩父鉱山だけです。

 
 

はじめに

-秩父鉱山とは-
埼玉県の西端に位置する秩父鉱山は、かつて日本有数の金属鉱山でした。
江戸初期に大量の金が産出したことから、多くの人が一攫千金を夢見て採鉱にチャレンジしてきました。
江戸後期に活躍した天才発明家、平賀源内もその一人です。
また、鉱物学の世界においては、140種にも及ぶ多様な鉱物を産出することで注目されています。
この展示では、多種多様な鉱物、採鉱を試みた人々のドラマ、華やかだった鉱山町のくらしなど、
秩父鉱山のすべてを紹介します。
秩父鉱山上空写真

 





見どころ1
秘蔵鉱物100種以上 一挙公開!

1つの鉱山から140種類もの鉱物が産出するのは日本中で秩父鉱山だけです。
今回は、鉱山事務所や個人コレクターが所有している普段見ることができない
秘蔵の標本を集め、計100種以上の鉱物を一挙公開します。
また、どうしてこんなに多くの鉱物ができるのか、その秘密に迫ります。



車骨鉱(右写真):車軸のような形をした鉱物。秩父鉱山は
世界的にも美しい結晶が産出することで知られています。 

車庫鉱

 





見どころ2
江戸時代の天才発明家 平賀源内がつくった「燃えない布」特別公開!

平賀源内がはるばる秩父鉱山へやってきた理由は、
燃えない布「火浣布(かかんぷ)」の原料である石綿を求めてでした。
現存する2枚の平賀源内作火浣布を期間限定※で特別公開します。
※9/23(土・祝)~11/16(木):京都大学付属図書館所蔵「火浣布」
※11/17(金)~12/17(日):早稲田大学図書館所蔵「火浣布」


平賀源内 肖像(右画像)源内は、秩父鉱山へ石綿を求めてやってきました。その後は
金、鉄の採掘にチャレンジしていきました。所蔵 埼玉県立歴史と民俗の博物館


平賀源内 肖像
 





見どころ3
写真でよみがえる鉱山町の輝き

最盛期には2400人もの人が秩父鉱山の鉱山町に暮らしていました。
忽然と現れて消えていった鉱山町の意外に華やかなくらしを写真で振り返ります。
『写真と証言でよみがえる秩父鉱山』の著者、黒沢和義氏のイラスト原画や収集写真も公開します。






黒沢和義氏イラスト(右画像)綿密な取材に基づき鉱山町のくらしを記録した
『写真と証言でよみがえる秩父鉱山』の著者、黒沢和義氏の
イラスト原画を公開します。

黒沢和義氏イラスト
 





展示図録
展示図録 販売中

今回の特別展の展示図録を販売しています。(税込700円)
当館受付でご購入いただくか、電話で郵送での販売も行っています。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。
埼玉県の宝の山ともいえる秩父鉱山についてまとめた1冊です。ぜひご覧ください。






 





関連イベント

自然史講座「鉱物図鑑づくり(秩父鉱山編)」
〇 内  容秩父鉱山のいろいろな鉱石の中から、お気に入りの鉱石を選び、
自分だけの図鑑をつくりましょう。完成した図鑑は持ち帰れますよ。
〇 日  時平成29年12月2日(土)10:00~15:00
〇 場  所埼玉県立自然の博物館
〇 対  象小学生以上(小学生は保護者の方と一緒にご参加ください。)
〇 費  用500円
〇 申し込み11月1日(水)から博物館ホームページ、または往復はがきにて申し込み


 





特別展情報

〇 名  称特別展「秩父鉱山~140種の鉱物のきらめき~」
〇 開催期間平成29年9月23日(土)~平成30年1月14日(日)
〇 開館時間9:00~16:30(入館は16:00まで)
〇 会  場埼玉県立自然の博物館 2階企画展示室
〇 休  館月曜日(祝日の場合、開館)、12月29日~1月3日

〇 料  金
入館時の観覧料でご覧いただけます。
入館観覧料/一般200円、高・大学生100円、中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方及び介助者1名無料
〇 お問合せ電話/0494-66-0404 (8:30~17:15受付)
埼玉県立自然の博物館

チラシ表画像
◯チラシ表
チラシ裏画像
◯チラシ裏
画像をクリックすると拡大されます。





   


 
             
自然の博物館について展示案内イベント学校団体利用  刊行物 資料収集調査研究
  組織と職員 常設展示 イベント申し込み 学校関係の方 展示図録解説書その他の情報
 利用案内 企画展示博物館日誌 一般の団体の方 研究報告広報用写真
  団体利用と手続 過去の企画展示   講師派遣物品貸出 資料目録友の会
 アクセス 天然記念物   モデルコース ニュースレター  
    展示改修情報   ご利用者の声 年間行事案内  
          館報  
             
埼玉県立自然の博物館  〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
[ 電話 ]
電話 ]
[ FAX ]
0494-66-0404_(代表)
0494-66-0407
_(学芸)
0494-69-1002
 
  [ 開館時間 ]

  [ 休館日 ]
9:00~16:30 (入館は16:00まで) 
※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)
月曜日 (祝日・7、8月は開館)
   観覧料 ]


 一般:200円、大学生・高校生:100円
中学生以下:無料
障害者手帳お持ちの方及び介助者1名:無料