企画展・特別展

 

埼玉の自然に関して、毎回テーマを決めテーマに基づいた展示を行っています。
博物館2階「企画展示室」にて開催しております。
※下の展示名か画像をクリックすると、詳細ページに移動します。


-企画展-

2018年2月3日(土)~2018年6月17日(日)

縄文有用植物展~クリ植えマメ播きウルシを掻いた!?~

縄文時代の人々は、意外と積極的に森林や草原の管理を行い、役に立つ植物を利用して生活していたことが分かってきました。現在の自然環境や植物利用にもつながる縄文有用植物の世界を紹介します。


-特別展-

2018年6月30日(土)~2018年9月2日(日)

ハチを知る

日本には4500種を超えるハチが見つかっています。一匹で暮らすハチ、巣をつくるハチ、狩りをするハチ、花粉を集めるハチなど、それぞれが個性に溢れた暮らしをしています。なかなか知ることのできない、様々な形、暮らしを持つ昆虫「ハチ」を紹介します。


-企画展-

2018年9月22日(土)~2019年1月14日(日)

水晶~鉱物界へのトビラ~


六角柱状の独特の形、無色透明にきらめく水晶は、誰しもが魅了される美しい鉱物です。また、各種の岩石に含まれる基本の造岩鉱物であり、多くの鉱物の骨格をなす成分でもあります。地質学的にも重要な水晶の魅力を紹介します。


-企画展-

2019年2月2日(土)~2019年6月23日(日)

要注意!野外の危険なもの

野外で行う自然観察などの活動は、時に危険も伴います。しかし、どのような危険が潜んでいるかを知っていれば、その危険を回避したり、正しく対処して被害を軽くしたりすることができます。本展では、野外に潜む危険なものを、動物・植物・地質の各分野から紹介します。

パネル展

埼玉の自然に関して、写真などのパネルを中心に展示しております。
博物館2階「パネル展示コーナー」にて開催しております。


-パネル展-

2018年1月30日(火)~2018年6月29日(金)

埼玉の天然記念物

埼玉県にある国天然記念物を中心に、県や自治体が指定する天然記念物を紹介します。


-パネル展-

2018年6月30日(土)~2018年9月17日(月)

ハチの暮らしの1ページ

ハチたちの生態は、狩る、集める、奪う、忍び込む、産むといったその種特有の行動が見られます。しかしそれは一瞬で、めったに見ることはできません。当館職員らが撮り集めた、ハチたちの暮らしの1シーンを写真で展示します。


-パネル展-

2018年9月18日(火)~2019年1月14日(月)

ご当地キャラのモデルたち

県や市町村のマスコットキャラクターには、それぞれの地域を象徴する様々な要素が盛り込まれています。埼玉県内で活躍するキャラクターについて、モデルとなっている生きものや自然を紹介します。


-パネル展-

2019年1月29日(火)~2019年6月23日(日)

埼玉にも砂丘があるの?

古利根川沿いに広がる、日本でも最大級の面積を誇る内陸砂丘が埼玉にあることを紹介します。

 

〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話:0494-66-0404(代表) 電話:0494-66-0407(学芸)
ファックス:0494-69-1002

▼開館時間

9:00~16:30 (入館は16:00まで)
※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)

▼休館日

月曜日(祝日・7、8月は開館)
12/29~1/3、他臨時休館あり