388799

2016年度 天然記念物 新コーナーオープン

 

平成29年1月31日から新たにオープンした、常設の新展示コーナー「天然記念物コーナー」についてご紹介します。
このコーナーは、当館所蔵のパレオパラドキシア化石6件とクジラ化石3件、及び秩父地域の露頭6件が、平成28年3月、国天然記念物に指定されたのを記念し、 オープンしました。

見どころ1世界に9体しかないパレオパラドキシアの全身骨格化石のうち2体を展示

パレオパラドキシアの化石は、日本から北アメリカ大陸の太平洋側から発見されていますが、全身骨格化石は世界で9体しか発見されていません。
そのうちの1体である大野原標本の実物化石を、今回新たに展示しました。既に展示済みであった般若標本とあわせ、2体の全身骨格化石が見られます。

パレオパラドキシア(おおのはらひょうほん)
パレオパラドキシア 大野原標本

見どころ2国天然記念物に指定された実物化石が勢ぞろい!

国天然記念物に指定された、パレオパラドキシア化石6件と、クジラ化石3件の全ての実物化石が勢ぞろいしました!
貴重な化石はレプリカ(本物の化石からつくった複製)を展示することが少なくありませんが、皆様に実物標本の持つ「力」や「魅力」を感じていただくため、実物化石の展示にこだわりました。

パレオパラドキシアかせき(てらおひょうほん)
パレオパラドキシア 寺尾標本

見どころ3古秩父湾の解説動画を200インチの大スクリーンに投影!

約1700万年前から約1500万年前まで、秩父地域に存在した海「古秩父湾(こちちぶわん)」。この太古に海には、パレオパラドキシアをはじめ、クジラやサメ、イルカなど多様な生物が生息していました。
当時の海の様子を再現したアニメーション動画を、200インチの巨大スクリーンで楽しんでいただけます。

200インチのだいスクリーン

天然記念物コーナー以外の展示更新

◯地学展示室に、古秩父湾の巨大魚「チチブサワラ」の復元模型と実物化石が登場しました。
◯地学展示室「古秩父湾の時代」に、埼玉から発見された様々な化石を追加しました。
◯鳥の鳴き声コーナーに、ケースを新設し、鳥のはく製を新たに展示しました。
◯ディスカバリーコーナーの展示内容を更新しました。
◯植物コーナーの展示内容を更新しました。
◯今までいたパレオパラドキシアの復元模型はどこに・・・
おっ!と驚く大きな変更や、誰か気づいてくれるかな?という小さな変更まで、様々な箇所を更新しました。ぜひご覧ください。

チチブサワラのふくげんもけい
チチブサワラの復元模型

 

〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話:0494-66-0404(代表) 電話:0494-66-0407(学芸)
ファックス:0494-69-1002

▼開館時間

9:00~16:30 (入館は16:00まで)
※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)

▼休館日

月曜日(祝日・7、8月は開館)
12/29~1/3、他臨時休館あり