10187
 
 
「水晶」―石が好きな人も、そうでない人も、誰もが名前を知る石。
鉱物コレクターの間では「水晶にはじまり水晶に終わる」という言葉がある
ほど、基本の石でもあります。
本展示では、美しい水晶の標本の数々を展示し、水晶の魅力に迫ります。
また同時に、水晶の鉱物としての特徴を、科学的な視点からも解説します。
「美術品」と「鉱物」の両面から水晶が楽しめる展示です。

 
 
100点以上の水晶等標本 
球顆(きゅうか)中の紫水晶日本式双晶(そうしょう)をした紫水晶
球顆(きゅうか)中の紫水晶[福島県南会津郡只見町]
水晶は、岩石中の空隙に熱水が染み込むことで晶出する。これは
流紋岩の球顆中の空隙に形成。通称「かぐや姫」。(個人蔵)
日本式双晶(そうしょう)をした紫水晶[栃木県日光市 鉛沢]
ハート形をした日本式双晶。紫水晶での産出は稀。(個人蔵)
水晶中の流体包有物オパール原石
水晶中の流体包有物[岩手県八幡平市]
水晶の結晶中に水晶の形をした空隙があり、水晶を生成した流体が
取り込まれている。球体は気泡。(個人蔵)
オパール原石[オーストラリア クイーンズランド州]
オパールは、水晶と同じ二酸化ケイ素が主成分。埼玉県がクイー
ンズランド州と姉妹提携をした際に贈られたもの。重さ200kg。
(通常時非公開/当館蔵)

 
 
水晶が分かる展示 
水晶のキホン「水晶」は何からできる?どんな形?鉱物としての水晶の性質がわかります。
水晶は石のみなもと水晶の生まれる場所は?水晶の主成分「二酸化ケイ素」の地球上でのふるまいを説明します。
いろいろな水晶紫・紅・緑…色や形の異なる水晶や、水晶の仲間の鉱物(オパール・メノウなど)を集めました。
似て非なるもの無色透明で細長ければ、みな水晶!?水晶によく似ているけれど、ちがう鉱物もたくさんあります。
生活の中の水晶スマートフォンやカーナビなどの電子機器類には、すべて人工水晶が使われています。

 
記念グッズ販売
珠玉の水晶写真を使った「水晶卓上カレンダー2019」を販売中!
税込800円。限定200個です。
FAX・メールで注文、郵送での販売も受け付けております。
詳しくは、販売のページをご覧ください。
カレンダー表紙

 

 
 
企画展情報
名称:企画展「水晶~鉱物界へのトビラ~」
開催期間:平成30年9月22日(土)~平成31年1月14日(月・祝)
会場:埼玉県立自然の博物館 2階「企画展示室」
料金:入館時の観覧料でご覧いただけます。
観覧料は一般200円、高校・大学生100円、中学生以下無料です。
※障害者手帳等をお持ちの方及び介助者1名無料
お問合わせ:電話0494-66-0407
◯下のチラシをクリックすると大きい画像で確認できます。
チラシ表チラシ裏


 

〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話:0494-66-0404(代表) 電話:0494-66-0407(学芸)
ファックス:0494-69-1002

▼開館時間

9:00~16:30 (入館は16:00まで)
※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)

▼休館日

月曜日(祝日・7、8月は開館)
12/29~1/3、他臨時休館あり