194616
 
「黄色と黒のしま模様」、「お尻の先端に毒針」というのがよくイメージする
ハチの姿ではないでしょうか。実は、宝石のように輝くハチや
ぬいぐるみのように丸く愛らしいハチなど、その姿は様々です。
ハチの驚くべき姿、魅力ある暮らしを紹介します。
 
 
見どころ1
想像できないような姿のハチも!
スズメバチにそっくりな姿をしていながら毒針を持たないナシアシブトハバチ
や、宝石のように青や緑にきらめくオオセイボウ、ぬいぐるみのように体毛に
包まれたマルハナバチの仲間など、300種以上のハチの標本を展示します。
あなたのハチのイメージが変わるかも!
オオセイボウの写真

 
 
見どころ2
ハチの様々な行動の瞬間をとらえた写真!
標本だけでは知ることのできない、ハチの行動を収めた生態写真を展示し、
ハチの魅力ある生態について解説します。幼虫が植物を食べるもの、昆虫
の体内に寄生するもの、昆虫などを狩るもの、花粉を集めるものなど、
様々なハチの生活について紹介します。
クロアナバチがバッタの仲間をとらえた瞬間

 
 
見どころ3
ハチの観察の仕方や調べ方が分かる!
ハチ類の観察方法や、標本の作り方など、ハチのことをより詳しく知るための
方法を紹介します。ハチは動きが素早く、体も小さいので観察が難しい生き物
ですが、ハチの習性や暮らす環境、観察手法を知ることで観察はとても楽しく
なります。ハチの調査の方法、使用する道具などを解説します。
ハチの標本を製作しているところ

 
展示図録販売
今回の特別展の内容をまとめた図録は売り切れました。
ご購入いただいた皆様、ありがとうございました。
図録表紙

 

 
 
関連イベント
ハチの見分け方
顕微鏡を扱う学術的な標本の作り方などをハチの仲間を使って学び、様々なハチの
グループ分けを行います。
日時:7月27日(金)10:00~15:00 場所:埼玉県立自然の博物館
対象:15才以上 参加費:500円
申込:6月1日から7月10日までに往復はがきまたは当館HPからお申し込みください。

昆虫標本作り(ハチ編)
ハチの仲間を題材に標本をつくって昆虫の体や形、標本の大切さについて学びます。
日時:8月3日(金)10:00~12:00 場所:埼玉県立自然の博物館
対象:小学校3年生以上 参加費:500円
申込:7月1日から7月17日までに往復はがきまたは当館HPからお申し込みください。

ミュージアムトーク
今回の展示を担当した学芸員が展示解説を行います。
日時:7月1日(日)、7月29日(日)、8月10日(金)、8月31(金)13:30~
場所:埼玉県立自然の博物館 対象:どなたでも 参加費:博物館観覧料
申込:不要です。

 
 
特別展情報
名称:特別展「ハチを知る」
開催期間:平成30年6月30日(土)~平成30年9月2日(日)
会場:埼玉県立自然の博物館 2階「企画展示室」
料金:入館時の観覧料でご覧いただけます。
観覧料は一般200円、高校・大学生100円、中学生以下無料です。
※障害者手帳等をお持ちの方及び介助者1名無料
お問合わせ:電話0494-66-0407
◯下のチラシをクリックすると大きい画像で確認できます。
チラシ表チラシ裏


 

〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話:0494-66-0404(代表) 電話:0494-66-0407(学芸)
ファックス:0494-69-1002

▼開館時間

9:00~16:30 (入館は16:00まで)
※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)

▼休館日

月曜日(祝日・7、8月は開館)
12/29~1/3、他臨時休館あり